(仮)運営所

仮のまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DAからしかせめられないのはなんでなんぜ

下書き3
魔つぼックリというのをしっているだろう。
秋になると道端におちてるあの茶色いイガイガだろう、というくらい大抵の人が茶色いりんぺんがひらききったものしかみたことがないと思う。
だが子供のころだれもが疑問におもったはずだ。
こいつの生前(?)の姿は果たしてどのようなものであるのだろうかと。
当然季節は秋、ほとんどの松ぼっくりは茶色くなっている。
そこで来年確かめようと思っているうちに忘れてしまう。
ところが最近中央図書館の自習質から松の枝に卵状のなにかきもいものを見つけた。
そしてそれがソレであることにしばしの時間が要った。
そうして改めてみてみると今度は松というものが非常になんだか奇怪なものに見えてきた。
松の枝といい、かさかさした表皮といいどうにもこうにもまるで地球外生命体をみたかのような出所の知れない異物感がゆっくりとこみ上げてきた。
マァ考えてみれば当たり前のことでそうやってヤツらは太古の昔から生き延びて来たのだから志方のないことなのだが。
最近ふと思うことにこの立脚点の逆転というべきものがある。
例えば中学校卒業時自分は(驚くべきことに)間違いなく理系的人間であったと思っていたし、高校生だったころは同胞をみてもまったく感じるところなどなかったものが、今高校生を見るとなんだかまぶしいものを見てる心地がするのはやはりこれによるものなのだろう。
それは立場からくるものであることが多いが、日常的生活の中でふとわれに返り、そのモノの本質を垣間見るとき人はまるで月に立っている心地がするのだろう。


だからどうしたタコ
てめぇがDAをあほのようにするからよまれるんじゃぼけ
アリスの6Aほんとまじ簡便してください
あとみょんのJAとか出がはやすぎるんでおねがいします
それからそれからすいかつよすぎなのでなんとかしてください
あとあとえーと東方非想天則楽しみで仕方ないんでほんと受験どうでもいいのではやくしてください
チルノといいつつも中国つかいてぇ



うひゃ
スポンサーサイト
  1. 2009/07/24(金) 23:11:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。