(仮)運営所

仮のまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カレーからみる大人の倫理観 「卒業するということ」

*誰も見てはいないとは思うが、あまり発達心理学系の本は読んでいないので、かなり浅はかな内容になってるし卒論がやべぇ 続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2014/08/28(木) 00:25:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

image002.png


うひゃ
  1. 2014/05/24(土) 12:49:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

人生とは?

続きを読む
  1. 2014/02/17(月) 12:24:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宗教

しばしば揶揄されるように、「科学宗教」という言葉がある。
宗教とは、生活のデザイン・モデルとして人の生活に組み込まれたものだと僕は認識しているのだけれども、日本人の意識的に、科学の発達やカルトの凶行が伝えられたり、オカルティックなものの消費(ゲームやこっくりさん)などをしたりて、共産主義(共産主義の根本を支えるとされた人間の善性とかいう人間を超えた力ととらえるならば)やキリスト教、仏教までが軽んじられているような印象を受ける。
ここで言いたいのは、科学的なものがどこまで発達したとしても、人間が何千年もの間に悩みぬいてきた歴史は軽んじられるべきではないということ。
つまり宗教とは、数多の悩みの天才たちが悩みぬいてきた歴史であり、たかだか凡夫たる自分達の悩み(マイノリティをいかに救っていくか、努力や才能といった普遍的なもの)ごときの解答のモデルはすでに誰かが言及しているであろうということである。

たとえば、科学宗教の中の最大の問題として「理不尽といかに戦うか」という難題は個々人の解答に依っていくことになる。
いやそもそも理不尽というものは存在しないのが科学というものの道理であり、理不尽を分析していくと、実にそれは理に適っているものだ。(たとえば地震というものは人は天災として理不尽だと言うが、地震というのは地下のプレートに一定以上の力が溜まると一気に解放されるのだから、その力を分析するなんらかの手だてがあれば地震の予知はできるであろう)
よって理不尽と感じるのは、人間の感情でしかない。
そういった理不尽になんらかのブラックボックスなシステムがあると仮定され、その意匠として神というのを添えられたのが原始の宗教ではなかろうか。
理不尽であっても、神のなさることならば納得しなければならない、といった(まぁこれも割と偏見に満ち満ちた穿った見方だと自覚しているが、)人の思考をシンプルに短絡的に満足させるシステムが神と人の付き合いはじめであっただろう。

つまり宗教というもののメリットを追及していくならば、そういった悩みに対しての解答、好く人生を生き抜くためのモデルとしてデザインされていると僕は考えている。
むしろ、今の日本の時代にこそ宗教というものは必要であろう。
みななにがしかに悩んでいるが、その実、考えていることはみなほぼ同じなのだから、先人たちの智慧を拝見するのも悪くない。


ついでにwikipedia先生によると、一般に、『人間の力や自然の力を超えた存在を中心とする観念で』あるそうだが、日本の努力と根性といった精神論、綺麗なももの、純粋なもの、ベストや最善でなければ価値がない、科学は万能であるはずであるが、その実システムを把握しないのだから、人間を超えた何かすごい力と認識されているあたり、割と人間の力を超えていると思う。


一遍とかキリスト教とかが面白いとかのたまっておきながら逃げている阿呆の戯言



うひゃ
  1. 2013/06/21(金) 14:15:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

純粋/不純

かなりのところで純粋であることがもてはやされているけれども、そもそもその純粋性というのは非常にむつかしい話だと思う。
たとえば、原作をやったことがないのに、アニメを見てからファンになりました、とか、ひどいものだと原作を批判したりする。
原作ファンとしては複雑な心境だ。
fateなんかは特にひどかった。
にわかのくそったれどもを鏖殺してやるといきりたっていたけれど、そもそもそれもまた一つの価値観だと思う。
もちろん、同じ土俵の価値観の序列や優勢劣勢というのは本来的に設定されてしかるべきだけれども、ふとそこから離れてみたときに、その対立する価値観はほぼ無意味に、等価値になる。
また、純粋であることを求めても、自らは真に純粋であるか、という問題もある。
もし、発言、批判の権利が、それを行っているものにしか許されないのだとしたら、それはきっと違うことなんだろう。
それで言うならば、イエスは商売女に不潔であると石を投げつけていた民衆に、これまで一度も天に恥じる行為をしたことがないものだけが石を投げよといい云々の話と同じアナロジーだろう。
(アナロジーが同じでも、ロジックは同じだろうか?)

結局汝の隣人を愛し、許すというのが寛容なのだろう。
それは究極の利己であり、相手を愛し許すことでまた万人にユーティリティを拡大することで、自らもまた自らに許し愛されるということである。

最近宗教かぶれになってきたので、
戯言戯言


うひゃ
  1. 2013/06/16(日) 21:39:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

備忘録

この前から、なんだか、ブログの更新というのがやりたくて仕方がなくなるという奇病を患ったのでちょこっと。
ついったーではなんか違うし、なにより、こういったサービスは自分にとっては備忘録としての意味がある。
とくに、このブログの前の投稿を見て、あぁあのときこういうことを考えていたなぁといままさに備忘録のような使い方をしているにあたり、やはりついったーでは流されてしまって、備忘録てきなことができないとおもわれるので、やはり基本に立ち返り、長文を投稿できるブログにあるのではと思っていた次第でござい。
前みたいな感じもちょこっと残しつつ、吐きたいことをちょろちょろと。

誰にも、どこにもとどかなくていい
なんとなくなんとなく

うひゃ
  1. 2013/06/04(火) 07:14:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いいたいこと

別に高卒だからといって馬鹿なはずはない。
知性ちゅーのはその人がどういう風に生きてきたかであって、知識とはまた別の代物だ。
ただ知識は人生を豊かにする。
これは確かだと思う。
知識を入れるとだんだんと自分の思考回路に組み込まれて、賢くなるというよりも、自分の周りにある問題を解決しやすくなると思う。

なんというか、以前はありきたりな意見は意地でも言わないようにしてたのだけれど、最近は富にそれはそれとして、自分が理解できた、(真理と言うと言いすぎなので)「モノの動き」というのを伝えようとすると、なんだか御知識人な大人たちが語る「ありきたりなこと」に落ちついてしまって、なんだかおかしいやら、さびしいやら。

ついったーでは毒だし、かといってみくしではなんだし、毒吐き垢だと誰にもこのいいたいことが言えないものだから。


うひゃ
  1. 2012/03/08(木) 15:35:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あもばぁああああああああああああああああああああああああん

あーあーあー
もーもーもー
ばあぁああああん

ずがーんぎしーんばこーん
ぱこぱこ

別に用はなし




もう新しく移転しようかしら
サークル活動本腰いれるし
大学的意味でなく同人的に
ここなんていうかわけわかめなこと描くようみたいな
みたいな+



うひゃ
  1. 2011/09/01(木) 01:31:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

欠陥してんなぁ

やっぱさぁ欠陥製品に勉強とか無駄無駄無駄ァってわけですよ
いーちゃんみたいに欠陥してるようで欠陥してたんじゃなくて欠陥して欠陥してるよね

addとldが恨めしい
dとbまつがうとかldの典型じゃないか
ほんとに欠陥

大学目指すべきじゃなかったんだよ
きっとね
まぁまぁまぁそれはそれただの逃げ口上
わかっちゃいるけどやめられない
最弱は最弱なりのやり方があるんです

最悪の気分



名詞にするつけるといいふうみ
最悪してる




うひゃ
  1. 2010/05/14(金) 22:08:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やるきーでろー

やるきでねぇわぁ・・・

2,3日ってかいたけどあれうそ
めんどくさい
いやまぁそれくらい人格破綻者だとおもってもらえれば
いいや


あーコミケいきてぇ


うひゃ
  1. 2010/03/22(月) 15:59:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。